これは危険信号?男がその場しのぎについてしまうウソとは?

一応付き合っている関係とはいえ、突然連絡が途切れたり、一緒にいる時などに携帯が鳴っても取ることがなかったりと不審な行動が目立つ彼は、ついつい疑ってしまいたくなるのは女性なら誰でも共感できると思いますが、その疑問を彼氏にぶつけてみても

 

「何言っているのオレにはお前しかいないに決まってるよ」「大好きなのに、そんな風に疑われたら辛い・・・」

 

としおらしく言われたら、好きな人の言い分だけに信じてしまいますし、内心疑っていても彼を失いたくないばかりに追求することを諦めてしまいがちです。

 

あやういところで難を逃れた彼氏は、とっさについたウソで「よかった信じてもらえた。危なかった〜」と内心ひやひやしているのかもしれません。

 

そこで、ここでは男性はついついその場しのぎでついてしまうウソの例を挙げていきます。

 

●男がその場しのぎについてしまうウソとは?

 

・「こんなに長く付き合っているんだから、お前と結婚するに決まってるだろ?」
交際期間が長い場合(3年以上)このようなセリフを出してくる場合、ウソをついている可能性があります。

 

男性は結婚相手を決める場合、交際期間が長期間になった場合、最初の2、3年で結婚するか否かを決めている場合が多いのです。

 

彼の会社の業績や給与面などの都合上、プロポーズを仕方なく延期している場合がありますが、5年以上の長期にわたって結婚の話も、これからのふたりの話すら出てこないようなら、結婚はしたくないけど、恋人としてはそばにいて欲しい、そう思っている状態なのかもしれません。

 

・「あの子とはそんなに親しくないよ。たまたま一度、飲み会で会っただけだし」
彼の友達でもない子が、頻繁に彼に連絡をしてきた事を追求した時に出てきた彼の言い訳ですが、これは男性がよく言うウソです。

 

女性は親しくない男性にそう簡単に連絡はしてきませんし、親しくないのにアドレスや番号を交換なんてしません。

 

もしかしたら、彼に一方的に想いをよせているのかもしれませんが、8割方彼がウソをついています。彼としてはごまかせると思っているのかもしれませんが、見逃しが浮気を増徴させる原因にもなりますので、きちんと話しあぅようにしましょう。

 

・「もう少ししたら彼女と別れるから。オレにはお前しかいないよ」
こんな事を言われると、女性としては信じたくなりますが、これは十中八九別れる気がない男の言い訳です。

 

なかには本当に今の彼女や奥さんと別れ、正式な彼女に昇格する人もいますが、可能性としては限りなく薄いものとなります。

 

浮気をする男性は、本命彼女とセカンド、つまり浮気用の彼女というのをきっちりと分けています。

 

一回セカンド彼女の方に入れられてしまったら、本命彼女になるのは並大抵の努力では足りません。こんな男性に泣かされるより、新しい彼氏を見つけた方が幸せになります。

 

・「連絡できなくてごめんね。仕事が忙しくて・・・」
何でも仕事が忙しいと言い訳をする男性は、あまり信用してはいけません。彼女のことが本当に好きであれば、失いたくないとメールだけでもすることはできるはずです。

 

あまり連絡をしてこないのは、他に何人か彼女がいてその子達で手一杯である可能性があります。何人か同時進行で付き合っていても、女性の方がもっと一緒にいたいと言い出すようになったら、距離を置いて自然消滅することを狙うの多いのですが、思い出した頃に連絡してくる場合、はっきりと別れを切り出すと、相手も自分も傷つくことになりますので、仕事が忙しくて連絡が・・・という具合になってくるのです。

 

おわりに

男性は色々な女性と付き合ってみたいと思っている人が多いのですが、あまり後先考えていない場合が多いので、アリバオイや言い訳なども考えておらず、その場でどうにかごまかせる思っている人が多いのも事実です。

 

男性の心理を知り、本気であなたを愛してくれる人を見つけて幸せをつかんで下さいね♪